救命センターで看護師を10年以上。教育担当も経験。大学院では教育心理学と教育工学を活用しながら看護師の生涯学習について研究。目標は看護研究を身近にすること・看護師が看護を楽しみながら働き続けるためのサポートをすること。現場の看護師さんが研究や実践ですぐに使える情報を届けたいと思っています。資格は看護師/保健師/統計士。看護研究や大学院進学等、何でもご相談ください!ご連絡は問い合わせフォームやTwitterのDMよりお願いします。

カメさんをフォローする

Udemyでのコース公開!

『看護研究の全行程』をUdemyで公開しています!8時間の動画で、看護研究のテーマ決めから研究計画書の記載やデータ解析まで、看護研究の基本を一気に学ぶことができます。研究所学者の方でも分かりやすいように丁寧に解説しているので、良かったら活用してください!
>>>Udemy:【看護研究の「テーマ決め」から「学会発表」までゼロから学ぶ】初心者向け看護研究講座

【統計解析はどれを使えば良いの?】看護研究の悩みを解決!

研究方法

大学院の進学に興味のある方には【大学院への進学手順は?】看護師必見「大学院進学の一歩を踏み出そう!」の記事もおすすめです。

看護師としてのキャリアに悩んでいる方には【あなたの悩みに合わせた転職系サイトの選択フローを紹介】看護師の転職・キャリアに関する悩みは5つある?の記事もおすすめです。

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

Last Updated on 2023年12月28日 by カメさん

こんにちは!看護師のカメさん(@49_kame)です。

この記事は10分程度で読めます。

カメさん
カメさん

看護研究において、統計手法を選択する方法を解説したいと思います

この記事を読んで欲しい人
  • 研究・統計解析に苦手意識がある
  • 統計解析を使う研究を計画している
  • 統計解析方法の選び方が分からない

どんな解析方法を使っていいか分からないことが、研究・統計解析に苦手意識を持つ原因の一つだと思います。解析方法を選ぶ手順を理解して、苦手意識を克服しましょう。

データ入力が負担な方はデータ入力代行業者の活用もおすすめ

研究では統計解析のために膨大なデータ(アンケート調査のデータなど)を入力する作業が必要となります。これは単純作業ですが、多大な労力と時間を要します。また正確性も重要になります。そのため、データ入力を専門業者に依頼することも1つの選択肢だと思います。

興味のある方は【アンケート調査のデータ入力は代行業者にお任せ】研究データのデータ入力代行業者を探すならEMEAO!(エミーオ)がおすすめ!で紹介しているので良かったら参照してください。

スポンサーリンク

解析方法を選ぶ前の準備「研究疑問を明確にしよう」

研究とは、何か明らかにするために行います。統計解析は、その目的を達成するための道具の1つです。

つまり研究疑問を解決するために統計解析を使います

カメさん
カメさん

研究=統計解析ではないから注意しよう!

臨床疑問の特定→文献検討→研究疑問の特定」の順で研究疑問を明確にします。

そして研究疑問を明らかにするために統計解析が必要であれば、データ収集して解析しましょう。

  • 臨床疑問とは:臨床で生じた疑問
  • 研究疑問とは:研究によって明らかにしたい疑問

研究疑問を特定する段階で、質的研究によるアプローチが適しているようであれば、当然統計解析は必要ありません。

それでは下記より統計手法の選択に移りましょう。

解析方法を選択する4つの基準

統計手法を選ぶときにに鍵になるのが①統計解析の目的 ②標本数 ③データの尺度 ④データの分布の4つです。

カメさん
カメさん

研究疑問を明確にする時から、上記4つのポイントを整理しておこう!

「統計解析の目的」で選ぶ

統計解析の目的とは?

統計解析をすることで知りたい情報のこと

統計解析で知りたい目的が明確になったら、この目的を明らかにするための統計手法を選択します。下記の表が目的と解析方法の関係です。

例えば・・

新しい教育方法と従来の教育方法の効果の差を知りたいというのが、「統計解析の目的」です。この目的を明らかにするために「差の検定」を選択します。

「標本数」「データの尺度」「データの分布」で選ぶ

上記の「統計解析の目的」を、「標本数・データの尺度・データの分布」により更に詳しく解析方法を選択します。

統計解析の目的「2つの変数の関係を知りたい」

2つの変数の関係を知りたい場合は、扱う変数が量的変数であれば相関分析になります。

カメさん
カメさん

相関分析で分かるのは関係性だけだよ。時間的要素も加味した因果関係を知りたい場合は、上記の重回帰分析や多重ロジスティック回帰分析を選択しよう。

統計解析の目的「グループに差があるか知りたい」

グループに差があるか知りたい場合は、扱う変数が量的変数ならば、2標本の検定 or 分散分析という選択になります。

2標本の検定や分散分析について詳しく知りたい方は下記の記事を参照してください。

統計解析の目的「結果に影響する原因が知りたい」

統計解析の目的「結果に影響する原因が知りたい」場合に関しては、統計解析の選択手順はありません。

正規分布に関しても基本的には考えなくて良いと言われています。

カメさん
カメさん

「結果に影響する原因が知りたい」場合は、重回帰分析もしくは多重ロジスティック回帰分析を行いましょう。

統計解析の目的「質的変数どうしの関連性が知りたい」

上記の「2つの変数の関係を知りたい」「グループに差があるか知りたい」の両者において、扱う尺度が質的変数の場合は分割表の検定になります。

ちなみに分割表の検定は扱う尺度が質的変数のため、正規性の確認は必要ありません

まとめ

統計解析方法は何を選んだら良いか分からないという意見をよく聞きます。しかし、系統的に選ぶ方法を覚えてしまえば難しいものではありません。

研究疑問を明確にした上で、研究目的を明らかにすることのできる統計解析方法を系統的に選択しましょう。

カメさん
カメさん

統計アレルギーを克服しよう!

データ入力が負担な方はデータ入力代行業者の活用もおすすめ

研究では統計解析のために膨大なデータ(アンケート調査のデータなど)を入力する作業が必要となります。これは単純作業ですが、多大な労力と時間を要します。また正確性も重要になります。そのため、データ入力を専門業者に依頼することも1つの選択肢だと思います。

興味のある方は【アンケート調査のデータ入力は代行業者にお任せ】研究データのデータ入力代行業者を探すならEMEAO!(エミーオ)がおすすめ!で紹介しているので良かったら参照してください。

おまけ:「標本数・データの尺度・データの分布」とは何かを解説するよ

標本数・データの尺度・データの分布について詳しく解説します。

カメさん
カメさん

基本的な内容だから、理解できている人は読まなくても大丈夫だよ。

標本数とは?

標本数とは?

  • 対象となるデータの集まりのこと
  • 群やグループと呼ばれる
標本が1つの例
  • 1標本の研究とは、ある10人の対象に介入を行い前後の比較を行うなどです。
  • この10人のグループが1標本です。
  • 1標本を前後で比較するデータを対応のあるデータと呼びます。
標本が2つの例
  • 2標本の研究とは、介入群・非介入群 男性・女性などを比較する研究です。
  • 独立した2群であるため、対応のないデータとも呼ばれます。

データの尺度とは?

データの尺度とは?

  • 名義尺度・順序尺度・間隔尺度・比率尺度の4つ
  • 質的データ:名義尺度・順序尺度
  • 量的データ:間隔尺度・比率尺度
  • データの情報量は名義→順序→間隔→比率の順に大きくなる
名義尺度の例

血液型(A型、B型・・・)、性別(男性・女性)住所(東京都、神奈川県・・・)

順序尺度の例

学年(1年、2年・・・)、重症度(軽症、中等症、重症)、順位(1位、2位・・・)

間隔尺度の例

気温(15℃、16℃・・・)、年齢(25歳、26歳・・・)、テストの得点(75点、76点・・・)、西暦(2001年、2002年・・・)など

比率尺度の例

身長(160㎝、161㎝・・・)、体重(55㎏、56㎏・・・)、血圧(120mmhg、121mmhg・・・)など

データの分布とは?

データの分布とは?

  • データがどのような形状かをヒストグラムで示したもの
  • 統計解析においては、正規分布か否かを確認する

ヒストグラムとは?

縦軸に度数(体重とかの量)、横軸に階級(対象者とか)として量的なデータを示すグラフをヒストグラムと言います。

正規分布とは?

真ん中が最もデータの数が多くて、真ん中から遠ざかるほどにデータ数が少なくなる分布

統計解析では、正規分布であればパラメトリック法を使用し、正規分布でなければノンパラメトリック法を用います。

パラメトリック法とは?

  • 正規分布に従うデータに使用
  • パラメータ(平均・標準偏差)を用いる
  • 平均を比較できるデータに適用

ノンパラメトリック法とは?

  • 正規分布に従わないデータに適用
  • 中央値を比較するデータに用いる
  • 正規分布のデータにも使用できる

参考文献

  • 対馬栄輝(2020).医療統計解析使いこなし実践ガイド.羊土社,東京.
  • 対馬栄輝(2019).医療系研究論文の読み方・まとめ方.東京図書,東京.

コメント

タイトルとURLをコピーしました